bonotakeの資産運用メモ

資産形成の備忘録

ポートフォリオ見直し

最初の記事で、僕の全資産のポートフォリオを晒していましたが。

これには、記事にもある通り、連携してない預金口座がありました。

で今回、そっちも連携してみることにしました。

あと、実は昨日、ねんきんネットもマネーフォワードに連携できることに気づいて、連携してみました。

ということで、現在の、本当の全資産はこうなってます。どーん。

f:id:bonotake:20180116084534p:plain

年金が多くなりました……良いことなんだけど、でも「老後資金は1億円必要」と言われることを考えると全然足りません。

僕は今40代前半なので、あと20年でがっつり貯めなければならぬ。

ということで資産運用が必要なわけですが、そんなときに何気なく、こんなサイトを見つけました。

starmetro.info

曰く、「実年齢は現金部分。残りは投資してもいいかな?」と考えるのが目安、だと。つまり30歳だったら、30%を現金として残しておいて、70%を投資に使っても良いお金、にするという考え方です。

なるほど、それはなかなか合理的かもしれない。年齢に応じて少しずつ、現金の部分を増やして投資の部分を減らす(不安要素を減らしていく)という考え方ですね。

前述の通り僕は今40代前半なので、じゃあ円グラフの青いところの半分ぐらいが青のまま、残り半分が赤や黄色に変われば良いのかな。

という感じで、今年1年かけてそんな感じのポートフォリオに持っていこうと思います。

クレジットカードの整理をする

クレカの整理しないと……

さて、Amazon MasterCardが手に入ったことは喜ばしいんだけど、ここで難題が。

僕、カード持ちすぎなんですよね……

とりあえず、今手持ちのカードを棚卸ししてみました。

1. REXカード

www.jaccs.co.jp

ポイント還元率1.25%がオイシイので、今メインで使ってるカード。電話代その他、日常の支払いはほぼ全部これで。

ただ割と最近作ったばかりで限度額が低く、ちょっと大きな買い物をするとすぐに限度額いっぱいになってしまうのが悩みでした。

2. Amazon MasterCard ゴールド

今回手に入れたカード。Amazonではもちろん、それ以外でもポイント還元率そこそこで、あと限度額が高いので、サブで使うカードにしようかと思ってます。

3. AMEX グリーンカード

今までサブというか、予備に使ってたカード。御存知の通り限度額がないのと、付帯サービスもたくさん。

ただし、年12,000円の年会費がやっぱ高すぎる、のが、結構辛かったのです。

4. DCカードJizile

ポイント還元率1.50%に惹かれて作ったんですけど、実はリボ払い専用カードだったという。なので、怖くて使えないまま現在放置してある状況。

5. One's Card

www.smbc.co.jp

大昔、三井住友銀行で口座開いた時に一緒に作った、キャッシュカードとクレジットカードが一緒になってるカード。

ただ、この口座はメインに使ってなかったのであんまり利用機会がなく、長い間タンスの中に眠ってました。

その他

他にも探すと、

が発掘されてきました。セディナは年会費がちょこっとあるのでなんとなく覚えてたけど、UFJ Cardに至っては「こんなの作ったっけ?」状態。

ということで、計7枚は流石に多すぎますよね…… 特にREXとAmazon MasterCard以外は持っててデメリットしか感じないので、解約したい。

でも、カードをまとめて解約してはいけない、とか書いてるサイト(↓とか)もあって、これはどうなんだろう。どうしたら良いんですかね……

1) カードをまとめて解約してはいけない!

カード会社やローン会社などは、新しくクレジットカードを作る場合や、ローンを組む際には必ず個人信用情報機関に参照をかけます。その際、過去の信用情報にまとめて解約した履歴があると、何かまとめて解約しなければならない理由があったのかと、変に疑いを持ち警戒してしまう恐れがあるためです。

今後住宅ローンを組む予定がある場合は計画的に解約していったほうがよろしいかと思います。

(カード枚数は住宅ローンに多少影響します。)

うーん。住宅ローンは既に組んでいて、新規に組む予定はないけども。

↓によると、

1つ目.取得してすぐのカードは解約してはいけない

取得してすぐに解約手続きをしてしまうと、ポイント目的や特典目的に取得したのではないかと疑われてしまいます。

(略)

目安としては、1年前後は待った方が無難であり、年会費が有れば1年未満で、なければ約1年としておくと、良いと思います。

てことは、割と最近(3ヶ月前)取得したJizileはまだのほうがいいな……

2つ目.一度にまとめて解約してはいけない

クレジットカードを1度にまとめて解約してしまうと、何かそういった事情があったのかと勘繰られてしまいます。

(略)

そのため、面倒でも数か月おきなどで解約していくようにしてください。

数ヶ月か……

ということで、とりあえず年会費が発生するカードから、こんな感じで解約していくことにしました。

  1. AMEX グリーンカード ... すぐ
  2. セディナカード ... 3ヶ月後
  3. UFJ Card ... 6ヶ月後
  4. DCカードJizile ... 9ヶ月後
  5. One's Card ... 1年後

全部で1年かかるのかぁ。なかなか面倒くさい。

iDeCoキタ!! と思ったけど

Amazon MasterCardと一緒に、SBI証券からも郵便が届いていたので、何だろう、と思っていたら……iDeCoの口座の案内でした!

いやー、長かった。申込みに手間も時間もやたらかかるし、やっとこさ、という感じかぁ。

ということで、さっそくログインしますた。

f:id:bonotake:20180113142655p:plain

うっしゃー! ってあれ? 資産0円ですけど……

前職の企業年金と企業型確定拠出年金を移管したはずだけど…… 移管にまだ日数がかかる、ということなんだろうか。

しかも、掛金の引落口座情報も何も設定できなくて、これじゃまだどの運用商品を買うこともできない。

だめじゃん(´・ω・`)

とりあえず、マネーフォワードに連携だけしておきました。

【1/15追記】さっきSBI証券に問い合わせたら、やっぱり手続きが色々完了していなくて、実際に完了するのが

だそうな。はぁ……まだまだかかるのね……特に企業年金、4月って。

【追記おわり】

Amazon MasterCard ゴールドを手に入れた!

ふふふ……

手に入れてしまった。

未上場の新興ベンチャー企業に勤めているので、審査が通るかかなり心配してたんですが、通りました。 銀行系のゴールドカードでかなり審査が厳しいらしく、ネット上にも「落とされた」的なブログ記事がいっぱいあって、心配してたんですが。

どこ見て審査してるんでしょうね。もちろん延滞とかもずっと全くなかったですが、三井住友をずっとメインバンクに使ってて、給与振込なんかにも使ってたのが大きいのかも?(勝手に思ってるだけなので信用しないでね)

Amazon MasterCard ゴールドのお得感

Amazon MasterCard ゴールド、年会費10,800円なんだけど、

  • 入会時に「マイ・ペイすリボ」に申し込むことで5400円の割引
  • おなじく「カードご利用代金WEB明細書サービス」に申し込むことで1080円の割引

更に、Amazonプライム(年会費3900円)が自動で付与される仕組み。

僕はもともとAmazonプライムの会員だったので、そっちがカードの年会費から実質割引になったと思うと、10800-5400-1080-3900=420円が事実上の年会費

んで、このカード使ってAmazonで買い物するとポイント還元率2.5%(他での買い物では1.0%)。Amazonヘビーユーザーなので、これは非常に嬉しい。

まぁ詳しい分析は他のサイトに譲りますが。↓とか。

nelog.jp

あと何だかんだいって、限度額が高いのが魅力ですね。ゴールドだから当然だけど。

他にゴールドカードならではの付帯サービスもいっぱいつくので、かなりオイシイ。ふふふ、僕は今かなり満足しています。

手元に届いたので、いろいろ手続き

3日前くらいに、

発行されたカード番号がお客様のAmazonアカウントに登録されました。

カ-ドは、後日カード会社より簡易書留郵便にて送られます。

というメールが来て、その時点でAmazonではすぐ使えるようになってたんですけど、少し遅れてやっとカードが手元に届いた、というのが、今さっき。

このカード、使用前に色々手続きしないといけないので、それを早速やっちゃいました。

まず、Vpass(三井住友カードのオンラインサービス)に利用登録。

www.smbc-card.com

IDとパスワードなんかを設定して無事ログインしたら、真っ先にやらなきゃいけないのが「マイ・ペイすリボ」の支払額変更

「マイ・ペイすリボ」、設定額を超える支払いは自動的にリボ払いになるというなかなかエグいサービスで、しかもデフォルトの設定額は3万円w 限度額がいくら高くても、これでは意味がない。

てことで、この設定額を限度額いっぱいまで引き上げます。

やり方は下記など。 nomad-saving.com

ようやっと、安心して使えるようになった……

ついでに、マネーフォワードで連携しておきます。MasterCardですが、「三井住友VISAカード」で連携。

f:id:bonotake:20180113121846p:plain

これで、かなり快適に使えるようになりました。

つみたてNISA始めました

年末に申し込んでいた、つみたてNISAの口座がSBI証券にて本日開設。

ということで、さっそく注文してみました。何をどう買おうかな、と思ったんですが、とりあえず

  • 国内株式
  • 国際先進国株式
  • 新興国株式

の3種類のインデックスファンドを買いつつ、あとはアクティブファンドにもちょこっと手を出してみようかと。

それで、信託報酬の安さと、あとはSBI証券内での人気の高さを参考に、こんな感じで設定してみました。

f:id:bonotake:20180111084602p:plain

SBI証券、1日ごとに積立できるのは面白いですね。

……って、とりあえず年40万円の制限なるべくいっぱいになるよう設定してみたんですが……1日に453円が3つと、259円が1つ。365かけたら40万オーバーするような……

ということで、SBI証券に問い合わせたところ、日割りにした場合の1年の日数は、営業日の最大日数247日で設定しているそう。なんだ。

ちなみに、実際には開始日が年初から始まってない分と、あと加味されていない祝日なんかの分とで年40万とは開きが発生するので、その分は年末に「ボーナス払い」で調整してください、とのことでした。なるほど。

積み立て+買い付けは明日から、ということなので、どうなることやらです。

はじめに

このブログは、私ことbonotake個人の資産運用の記録を残していくための、極めて個人的なブログです。

金額ベースで晒していく勇気はないので、主にポートフォリオをちょこちょこ書いていこうかと思います。

ちなみに、マネーフォワードに記録してる僕の総資産はこんな感じ。 f:id:bonotake:20180111075954p:plain もともと現金と会社(某大手企業)の企業年金、一般財形貯蓄だけで暮らしてきましたが、昨年にベンチャー企業に転職。 企業年金制度なども全くなく、財形貯蓄も解約となったので、自分で資産運用する必要が出てきました。

ということで、とりあえず昨年後半に証券口座を開設。 iDeCoとつみたてNISAの申込みをして、今後積み立てていく方針。

そしてさらに、解約した財形貯蓄とちょびっとだけ出た退職金から諸々を差し引いた分(だいたい、現金資産の1/3程度)を資産運用に充てることにしました。

ということで、金融業界にいる友人のアドバイスも受けつつ、国内の株を数名柄と、国際投信を少額で購入。 ちなみに後者は、全部ロボアド(WealthNavi+THEO)です。

www.wealthnavi.com theo.blue

投信ロボアドには、今後1年かけて、1月ずつ積み立ててそれで運用する方針。

株式は、正直まだ感覚がわからないので、日々の値動きを見ながら様子見、といったところ。

1年後には、(iDeCoとつみたてNISAを除いて)国内株式とロボアド投信を1:3くらいの比率で運用する方針。

本当はこれ以外に、マネーフォワードと連携してない預金口座があって、実際の預金資産はこの1.6倍程度になるんですけど、そのお金は親や家族が何かあったときのために取っておくつもりで、なので資産運用しないか、元本割れしない形での運用をしようかな、などと画策中。まだどうするか決めかねていますが。

といったところで、これからちょこちょこと書いていこうと思います。

注:bonotakeは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。